音楽

2016.01.18

プラハ交響楽団 ニューイヤー・コンサート

サントリーホールまでお出かけ。
数年ぶりに六本木一丁目駅に来たら、デッキが完成していて簡単にいかれるようになってた!
プラハ交響楽団
ニューイヤー・コンサート

指揮ピエタリ・インキネン
ヴァイオリン成田達輝
管弦楽プラハ交響楽団

*** プログラム ***
シベリウス :
交響詩「フィンランディア」 op.26
メンデルスゾーン :
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
  第1楽章 : アレグロ・モルト・アパッシオナート
  第2楽章 : アンダンテ
  第3楽章 : アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ
Encore
J.S.バッハ :
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006から「プレリュード」
パガニーニ :
24のカプリッチョ op.1 から 第1番
     ----------休憩----------
ベートーベン :
交響曲第7番 イ長調 op.92
  第1楽章 : ポーコ・ソステヌート~ヴィウァーチェ
  第2楽章 : アレグレット
  第3楽章 : スケルツォ、プレスト
  第4楽章 : アレグロ・コン・ブリオ
Encore
ドヴォルザーク :
スラヴ舞曲 第10番 ホ短調 op.72-2
ブラームス :
ハンガリー舞曲 第5番

続きを読む "プラハ交響楽団 ニューイヤー・コンサート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.17

ニューイヤー・スペシャル・コンサート 小林研一郎&読売日本交響楽団

東京に帰省中!
広島に行って以来、広響以外のオーケストラを聴く機会はめったに無いので、この機会にいくつかコンサートに出掛ける事に。
今日はなかのZEROホールまで。
フレッシュ名曲コンサート
ニューイヤー・スペシャル・コンサート 小林研一郎&読売日本交響楽団

指揮小林研一郎
ヴァイオリン藤原浜雄
ヴィオラ田原綾子
管弦楽読売日本交響楽団

*** プログラム ***
モーツァルト :
歌劇『フィガロの結婚』序曲 K.492
モーツァルト :
ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364
  第1楽章 : アレグロ・マエストーソ
  第2楽章 : アンダンテ
  第3楽章 : プレスト
     ----------休憩----------
ベートーベン :
交響曲第3番 変ホ長調 Op.55『英雄』
  第1楽章 : アレグロ・コン・プリオ
  第2楽章 : アダージョ・アッサイ
  第3楽章 : スケルツォ、アレグロ・ヴィヴァーチェ
  第4楽章 : アレグロ・モルト
Encore
ドヴォルザーク :
ユーモレスク

続きを読む "ニューイヤー・スペシャル・コンサート 小林研一郎&読売日本交響楽団"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.07

プラハ交響楽団

あれは2年数ヶ月前だったか…
初めてコンサートに行かれなかった。
今日はそのリベンジで、あの時行かれなかったプラハ交響楽団の演奏を聴きに行った。
プラハ交響楽団

指揮ウカシュ・ボロヴィッチ
ヴァイオリンリタ・チェプルチェンコ
チェロミロス・ヤホダ
管弦楽プラハ交響楽団

*** プログラム ***
B.スメタナ :
モルダウ(連作交響詩『わが祖国』より)
J.ブラームス :
ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 イ短調 Op.102
  第1楽章 : Allegro
  第2楽章 : Andante
  第3楽章 : Vivace non tropo
     ----------休憩----------
A.ドヴォルザーク :
交響曲第9番 ホ短調「新世界より」 Op.95
  第1楽章 : Adagio - Allegro molto
  第2楽章 : Largo
  第3楽章 : Molto vivace
  第4楽章 : Allegro con fuoco
Encore
A.ドヴォルザーク :
スラブ舞曲 第9番 ロ長調 Op.72-1
演奏は何となく早め?
新世界はよく聴きに行く曲だけど、何となくイメージが違って面白かった。
プラハ交響楽団は、弦が良かったわ~
凄く綺麗なハーモニーを聴かせて貰った♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.22

響きの森クラシック・シリーズ Vol.41

主催者からユンディ・リが来日できないという発表があったのが19日。
本番の3日前だったというのに、チャイコフスキー、素晴らしかったです!
響きの森クラシック・シリーズ Vol.41

指揮小林研一郎
ピアノ上原彩子
管弦楽東京フィルハーモニー交響楽団

*** プログラム ***
チャイコフスキー :
ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 op.23
  第1楽章 : アレグロ・ノン・トロッポ・エ・モルト・マエストーソ - アレグロ・コン・スピーリト
  第2楽章 : アンダンティーノ・センブリーチェ
  第3楽章 : アレグロ・コン・フオーコ
     ----------休憩----------
ベートーベン :
交響曲第3番 変ホ長調「英雄」 op.55
    ピアノ : 上原彩子
  第1楽章 : アレグロ・コン・プリオ
  第2楽章 : 葬送行進曲 : アダージョ・アッサイ
  第3楽章 : スケルツォ : アレグロ・ヴィヴァーチェ
  第4楽章 : フィナーレ : アレグロ・モルト
拍手が止まらない止まらない。
こんなのは久しぶりでした。
でもそれぐらい凄かったです。
上原さんのピアノ、また聴いてみたい♥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.23

響きの森クラシック・シリーズ Vol.37

久しぶりにコバケン指揮の演奏を聴いた。
“炎のコバケン” だからなのか、はたまたソロの三浦さんなのか・・・
完売だったらしい。
このシリーズ、残ってる事がけっこうあるから珍しい~
響きの森クラシック・シリーズ Vol.37

指揮小林研一郎
ヴァイオリン三浦文彰
管弦楽東京フィルハーモニー交響楽団

*** プログラム ***
ムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ編):
交響詩「はげ山の一夜」
メンデルスゾーン :
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
  第1楽章 : アレグロ・モルト・アパッショナート
  第2楽章 : アンダンテ
  第3楽章 : アレグレット・ノン・トロッポ - アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ
     ----------休憩----------
リムスキー=コルサコフ :
交響組曲「シェヘラザード」 op.35
    ヴァイオリン・ソロ : 三浦章宏
  第1楽章 : 海とシンドバッドの船 : ラルゴ・エ・マエストーソ - アレグロ・ノン・トッポ
  第2楽章 : カランダールの王子 : レント - アンダンティーノ
  第3楽章 : 若き王子と王女 : アンダンティーノ・クワジ・アレグレット
  第4楽章 : バグダッドの祭、海、青銅の騎士のある岩での難破、終曲 : アレグロ・モルト
Encore
第一部アンコール曲
パガニーニ :
「ネル・コル・ピゥ」による変奏曲
第二部アンコール曲
マスカーニ :
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」 間奏曲
ヴァイオリンの三浦文彰さんと、コンマスの三浦さん(シェヘラザードのソロ奏者)は親子だそうです。
父親の前で弾くのって……息子の前で弾くのって……
どっちも緊張しそうだな(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.21

響きの森クラシック・シリーズ Vol.25

文京シビックホールに『響きの森クラシック・シリーズ』を聴きに行きました.
響きの森クラシック・シリーズ Vol.25
フレッシュ名曲コンサート

指揮小林研一郎
ヴァイオリン長尾春花
管弦楽東京フィルハーモニー交響楽団
*** プログラム ***
ブルッフ :
ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 Op.26
   第1楽章 : Vorspiel, Allegro moderato
   第2楽章 : Adagio
   第3楽章 : Finale, Allegro energico
     ----------休憩----------
マーラー :
交響曲 第5番 嬰ハ短調
   第1楽章 : Traunermarsch. In gemessenem Schritt. Streng. Wie ein Kondukt
   第2楽章 : Stürmisch bewegt. Mit größter Vehemenz
   第3楽章 : Scherzo. Kräftig, nicht zu schnell
   第4楽章 : Adagietto. Sehr langsam
   第5楽章 : Rondo-Finale. Allegro
長尾春花さんのヴァイオリンの音色がとても素敵でした.
私の好みの音色で,是非また聴きに行きたいなぁと思った.

コバケンさんはいつも通りで良かったデス(^^;
ただ,マーラーは生で聴くのはちょっとニガテ.
どうしても眠くなってしまうからなぁ~
今度はチャイコフスキーを聴きたいかな.

足を悪くしてからは座席に座ってられないから自粛してたコンサート.
今日の調子からすると,端の席でちょっと足を伸ばせれば何とかなりそう.
手頃なコンサートを探してみるかな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.19

レッスン(xx): テンポを間違えない

今回は結構練習して行ったので,珍しく----いや,初めて? レッスン時間が余った!
それで久々に先生と雑談とかして,ちょっと面白かった(^^)
先生とは年が近いので,結構話しが弾むのだ♪

【レッスンのまとめ】

  • 拍子をしっかり数える.

  • 相手につられないようにする.

先週持ち越しになったセヴシックのNo.17は終了♪
代わりに次からはNo.14, 15, 16が追加に・・・・
1つしか終わってないのに何故~(T.T)

「難しいんじゃないの?」と思ったNo.29の48は,案の定難しくて練習が大変だった(>_<)
先生も48を見て 「難しいの出されたねぇ~」 と。。。。
「『簡単なのにしてください』って言ったら,これになった」 と話したら笑われ
「あの先生可愛くて優しいのにオニですよ(T.T)」と言ったら爆笑された(^-^;
それでもOKが出たから,頑張って練習した甲斐があった.

篠崎教本に「バグダッドの酋長2」も一発でOK♪
合奏も珍しくつられず無事に終わるか?!と思った途端に,拍数を間違え・・・(゜◇゜)ガーン
相変わらず詰めが甘いなぁ,わたし(T^T)

先生の休みやGWが入るので,次回のレッスンは5月10日の土曜日.
課題はセヴシックのNo.6, 11,13,14, 15, 16, 19,29
篠崎教本2のNo.68, 69「ガボット」

折角課題の量が減ってたのに,また増えてきたなぁ。。。
頑張らにゃー
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.12

レッスン(xx): 弓が難しい

今回は代行の先生でした.
この先生は普段習っている先生とは違う点を見てくれるので,たまに代行で来てくれるのが楽しみな先生だ.

【レッスンのまとめ】

  • ギギッという音がするのは圧がかかりすぎているから.もっとリラックスして力を抜く.

  • 弓が弦の上で跳ねてしまうのは,肘の位置が高すぎるから.

  • 右の肘の位置は動かないように気をつける

次回のレッスンは来週の土曜日.
課題はセヴシックのNo.6, 11,13,17, 19,29
篠崎教本2の67「バグダッドの酋長2」

セヴシックのNo.17は終わったんだけど,先生がニッコリ笑って
「これで最後なのねぇ.じゃあ来週もう1度先生に見て貰おう♪」と云われてしまい残った.
これはニガテなので 「終わった~♪」 って喜んでたのに,残念(^^;
No.29次のは 「簡単なのにして下さい~」ってお願いしたのに,なんだかムズカシイのを選ばれた気が・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.15

ステッフ・タンストラ オルガン・リサイタル

武蔵野市民文化会館にオルガン・リサイタルを聴きに行きました.
ステッフ・タンストラ オルガン・リサイタル

「ヨーロッパ・オルガン文化をめぐる3章:スウェーリンクから現代へ」
スウェーリンクからJ.S.バッハへと至るオルガン音楽の発展
4つの世紀にまたがる様式による即興
受難節の音楽


オルガンステッフ・タンストラ
*** プログラム ***
J.P.スウェーリンク :
ヘクサコード・ファンタジア ヘ長調
M.ヴェックマン :
第2旋法によるマラフィカト
   5声による第1変奏
   4声による第2変奏
   5声による第3変奏
   6声による第4変奏
D.ブクステフーデ :
トッカータ ニ短調 BuxWV155
S.タンストラ :
詩篇第64番 (「ジュネーヴ詩篇歌」1542年)
   コラールと6つの変奏: 初期バロックから現代にいたる様式で
     ----------休憩----------
J.S.バッハ :
前奏曲 変ホ長調 BWV522/1
J.S.バッハ :
パルティータ 「恵み深きイエスよ、よくぞ来ませり」 BWV768
   11の変奏
J.S.バッハ :
「おお汚れなき神の小羊」 BWV618
J.S.バッハ :
フーガ BWV552/2
Encore
J.S.バッハ :
われら悩みの極みありて (オルガン小曲集より) BWV641
S.タンストラ :
日本の歌に基づく短い即興 (朧月夜)
また武蔵野市民文化会館.最近ここばっかり(^^;
生の音が大好きなので,できるだけ生で聴きたいので,ついつい来てしまう.
ここってちょっと遠いけど,安いんだもぉ~ん.

それにしてもパイプオルガンは眠くなる.
眠くて眠くて,何度も落ちた(^^;
奏者が背を向けてるというのも落ちやすい原因だな.
鍵盤も見えないし.
そこにあの何とも眠りを誘う音♪
パイプオルガンの音は大好きだ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッスン(xx): スタッカートは思い切りよく!

レッスンの記録を再開したはずが,そのまままたサボっていたので・・・
先日3年目に突入したので,3年目からはまたちゃんと書かなくては!

現在の課題は
課題はセヴシックのNo.6, 11,13,17, 19,29
篠崎教本2のNo.63「ラフォリア」
セヴシックは9月も 11, 13, 17, 19, 29 はやってたら,全然進んでない~(汗;
以前に比べると課題の量が減っている.
今の量なら,時間が取れない時でも何とかなる量なので,練習しやすい.


先月末から週末になると熱が出たり風邪ひいたり,
レッスン先のビルの閉館日だったりという事が続き,なんと1ヶ月ぶりのレッスンだった.

【レッスンのまとめ】

  • スタッカートはもっときっちりと止める.

  • フォルテのスタッカートはもっと勢いよく,歯切れ良く弾く.

  • セヴシックのNo.6の16分音符はテンポを守ってもっと速く弾く.

「ラフォリア」は先生と合奏♪
今回は練習がたっぷり出来ていたので,気持ちよく弾けた~
先生の伴奏に惑わされる事も,つられそうになって焦ることもなくて
楽しかった(*^^*)

次回のレッスンは来週の土曜日.
課題はセヴシックのNo.6, 11,13,17, 19,29
篠崎教本2のNo.64, 65, 66「バグダッドの酋長1」

篠崎教本って,レベルの上がり方が激しいなぁ~
急に難しくなるから----と先生には云われてたけど,最近それを実感.
この先どうなっていくんでしょ(^-^;
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧