« レッスン(xx): スタッカートは思い切りよく! | トップページ | レッスン(xx): 弓が難しい »

2008.03.15

ステッフ・タンストラ オルガン・リサイタル

武蔵野市民文化会館にオルガン・リサイタルを聴きに行きました.
ステッフ・タンストラ オルガン・リサイタル

「ヨーロッパ・オルガン文化をめぐる3章:スウェーリンクから現代へ」
スウェーリンクからJ.S.バッハへと至るオルガン音楽の発展
4つの世紀にまたがる様式による即興
受難節の音楽


オルガンステッフ・タンストラ
*** プログラム ***
J.P.スウェーリンク :
ヘクサコード・ファンタジア ヘ長調
M.ヴェックマン :
第2旋法によるマラフィカト
   5声による第1変奏
   4声による第2変奏
   5声による第3変奏
   6声による第4変奏
D.ブクステフーデ :
トッカータ ニ短調 BuxWV155
S.タンストラ :
詩篇第64番 (「ジュネーヴ詩篇歌」1542年)
   コラールと6つの変奏: 初期バロックから現代にいたる様式で
     ----------休憩----------
J.S.バッハ :
前奏曲 変ホ長調 BWV522/1
J.S.バッハ :
パルティータ 「恵み深きイエスよ、よくぞ来ませり」 BWV768
   11の変奏
J.S.バッハ :
「おお汚れなき神の小羊」 BWV618
J.S.バッハ :
フーガ BWV552/2
Encore
J.S.バッハ :
われら悩みの極みありて (オルガン小曲集より) BWV641
S.タンストラ :
日本の歌に基づく短い即興 (朧月夜)
また武蔵野市民文化会館.最近ここばっかり(^^;
生の音が大好きなので,できるだけ生で聴きたいので,ついつい来てしまう.
ここってちょっと遠いけど,安いんだもぉ~ん.

それにしてもパイプオルガンは眠くなる.
眠くて眠くて,何度も落ちた(^^;
奏者が背を向けてるというのも落ちやすい原因だな.
鍵盤も見えないし.
そこにあの何とも眠りを誘う音♪
パイプオルガンの音は大好きだ(^^)

|

« レッスン(xx): スタッカートは思い切りよく! | トップページ | レッスン(xx): 弓が難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/40528442

この記事へのトラックバック一覧です: ステッフ・タンストラ オルガン・リサイタル:

« レッスン(xx): スタッカートは思い切りよく! | トップページ | レッスン(xx): 弓が難しい »