« 譜読み | トップページ | レッスン(36): 弓を大きく使う »

2007.01.20

レッスン(35): 覚えたハズなのに

【レッスンのまとめ】

  • 弦を押さえる左手の指を見ない. 見るのは弓の方!
    これ言われたの何度目だろう(T.T)

  • 弾く前に音を鳴らして出だしの音を確認しない.
    これは 「格好悪い」 らしい.

  • 拍子を身体全体で取らない.

  • もっと譜面を覚える.

左手を見てしまうのは悪い癖です.
この弾いているところを見てしまい注意されるというのは,ピアノの時と同じで・・・・・懐かしい(爆)
もっと難しい曲になると指を見ている暇なんてなくなると想うんだけど,今はまだまだ。。。。
音が外れそうな気がして,小指を使うときとか,移弦の時などにどうしても見てしまうのよねぇ~
話はちょっと逸れるけど,パソコンのキーボードのブラインドタッチも案外ニガテだったりする(^-^;
要は,見る暇さえない時以外は,何をするにも案外指先を見てしまうのだ(T^T)

それから,楽譜を覚える話.
今日の課題曲,実はちゃんと全部暗譜してた.
家での練習ではもう楽譜を見ないで弾いて練習してたのに,ダメだった・・・・(泣)
完全に覚えてるのに,なんで先生の前だと弾けないかなぁ~

ひとつには,間違えそうで不安でついつい楽譜を凝視してしまうというのがある.
その延長線にあるのが,左手を見ること.
音が外れそうでついつい・・・
これもやっぱり家だとそこまで見てないきがする.
練習の時に気にしているのは音よりボーイングの方だから,弓をしっかり見ている気がする.
鏡に映るのを身ながら練習したりしてるから,そんなに左手を見ている余裕はないのだ.

この練習中の状態をレッスンの時にどう再現するか・・・
まずは 「先生の前だぁー」 って緊張をなくすことから始めるしかないか( ´-`)
 

|

« 譜読み | トップページ | レッスン(36): 弓を大きく使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/13605411

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン(35): 覚えたハズなのに:

« 譜読み | トップページ | レッスン(36): 弓を大きく使う »