« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.31

久しぶりに練習したら

12月の初めに体調を崩して,中旬ころからは練習するのが大変になり・・・
気づけば一週間以上ヴァイオリンに触ってなかった.
その上,6日ほど寝込んでいたので,立っている時間はもちろんの事,
起きている時間自体が少ない状態から,
いきなり練習----二時間(爆)

この時は何も考えてなかった.
単に右手の指先が柔らかくなっちゃったから指が痛い~とか
弓がふるえる~とか
とにかく下手になったなぁ・・・・と.

翌日(今日)は朝から,体がなにやら筋肉痛で超不機嫌なワタクシ(-.-)
何で筋肉痛なのかわからず,「昨日の掃除か?」 と思っていた.
でも,掃除ぐらいでここまで背中が凝るかなぁ???

----と思っていたら,昼過ぎになってハッと気づいた.
ヴァイオリンを持つポーズをすると,筋肉痛がMAXになる・・・・(爆死)

「練習は毎日した方がいい」 とは楽器の練習でよく言われることですが
それは 「なまる」 からだと思っていた.
もちろんそれは間違いない.
でもそれだけじゃないんですね.
楽器を演奏するための体・・・・一回無くなると,作るのはそれなりに大変です(T.T)

これからは徐々に戻して行こう.
とりあえずいきなり長時間はやめて,ちょっとずつ・・・

あぁ,大人になってから楽器を始めて,一番きついのはコレかも?
衰えるはの早いし,作るのには時間かかるし・・・子供って凄いよなぁ~

とにかく今は背中の筋肉痛が辛いわぁ~ (´ヘ`;)ハァ


----- 追記 -----
始めてヴァイオリンを構えた時の日記を見てみた.
そしたら,のっけから泣きが入ってた(笑)
そういえば,腕をあの高さでキープするのって,当分は辛かったなぁ~
G線を弾くのが凄く辛かった事とか,
小指が届かなくて泣きが入ってたこととか,いろいろと思い出した(苦笑)
しばらく練習しなかったおかげで,ちょっとだけ初心を思い出せて,
それはそれで良かったかも(^-^;

2006年3月4日 「ヴァイオリン体験教室
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.16

世界の旅 II

去年も行った溝口肇さんが出演するコンサートに行った.
前回,とても良かったので楽しみにしていたのですが。。。
世界の旅 II
Christmas Night


指揮森 彰
チェロ溝口 肇
管弦楽東京室内管弦楽団
ナビゲーター小野田英一
*** プログラム ***
V・young :
80日間世界一周
ヴィヴァルディ :
ヴァイオリン協奏曲 ホ長調
  《安らぎ(クリスマス協奏曲)》
ヴィヴァルディ :
協奏曲 第5番 変ホ長調 「海の嵐」
モーツァルト :
短くも美しく燃え
E・モリコーネ :
ニュー・シネマ・パラダイス
     ----------休憩----------
溝口 肇 :
Espace
A.GENE & B.VINTON :
ミスター・ロンリー
ニノ・リータ :
ロミオとジュリエット
FRANCIS LAI :
白い恋人たち
溝口 肇 :
OPERA?
溝口 肇 :
Asian Blue
L・アンダーソン :
クリスマスフェスティバル
Encore
溝口 肇 :
世界の車窓から
プッチーニ :
歌劇《トゥーランドット》~誰も寝てはならぬ

続きを読む "世界の旅 II"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »