« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006.09.30

レッスン(23):しっかり歌う

今週は夏期休暇だったので,本来ならいつもより沢山練習できるハズだった.
でも・・・何となく 「あまり練習しないのも良いんじゃないか?」 なんて想って,
あまり練習しないておいた.
結果は 『可もなく不可もなく』・・・・かなぁ(@_@)
別に先生には,休暇の事は言ってなかったので,何も云われなかったので,
いつも程度には弾けたという事だろうか?
普段だと一回の練習時間が短いので,どうしても毎日やらないと弾けるようにならないけれど,
今週は気が向いた時に好きなだけ弾いて,気が乗らない日は弾かないというパターン.
これが案外いい感じで・・・・
普段からこのパターンでやれたら幸せだなぁ~と想った( ´-`)

【レッスンのまとめ】

  • 音階練習の時,弾き始めの弓が早すぎて,最後に足りなりそうになっている.
    拍子を考えて,弓を等分ずつ使うように気を付ける.

  • E線からA線への移弦の時,指の位置がずれる.
    練習を続ければ自然と位置が取れるようになるからさほど気にすることはない.
    ただし,今はもっと注意して弾くこと.

  • 16分音符の曲は,今よりもっと速く弾けるように練習する.

  • 曲を歌ってから弾くようにする.
    音やテンポが歌える様になってから,それに合わせて弾くようにすると上手く弾けるようらなる(らしい).


次のレッスンは来週の土曜日.
課題はセヴシックのNo.1~4,11,12
篠崎教本1のNo.134~138

『篠崎バイオリン教本1』 は何となく終わりが見えてきた♪
No.138 は 『第九シンフォニーより』だ.
あのギーコーギーコー状態から,
取りあえずこんなものも弾けるようになったんだなぁ~と,感慨ひとしお(^^;
この教本を使う事になった時に立てた目標は,一年以内にこの教本を終わらせること.
なんとか達成できそうかな(^^)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.28

前橋汀子 ヴァイオリンリサイタル

前橋汀子さんのヴァイオリンを聴きに,浜離宮朝日ホールまで出かけた.
(プログラムは下の方に。。。)

ランチタイムコンサートという事で,よく知られている曲で構成されていていました.
ランチタイムだからなのか,もともと価格が低く設定されているせいなのかは判りませんが,
時間は少々短めで,正味1時間程度.
それでも私的には大満足でした(^^)

続きを読む "前橋汀子 ヴァイオリンリサイタル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

アンドレ・リュウ

東京国際フォーラムにアンドレ・リュウのコンサートを聴きに行きました.
会場はホールA.
ここって定員は5000人ぐらいか?!
今日は満員,兎に角,凄い人でした.

アンドレ・リュウのコンサートはオーケストラとは云え,ま~ったく堅苦しくない.
出だしからノリノリで,今にも踊り出しそうな気分♪
後半にはついに飛び出して,思いっきり弾けてみた.
とてもハッピーな気分になれるコンサートだった(*^^*)

9月22日 Andre Rieu

続きを読む "アンドレ・リュウ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.16

レッスン(22):腕の角度に気を付けよう

【レッスンのまとめ】

  • 左手の肘の位置は弾く線によって変わるもの.
    今のレベルだと,位置を変えなくても弾けるけれど,今後必要になるので,今のうちに覚えるようにする.

  • 弓の使い方
    ゆっくり弾くのが苦手.特に付点二分音符(3拍分)の時,出だしが早すぎて音が短くなりがち.
    もっと最後にゆとりを残すように弾く.

注意された数は少ないけれど,内容は重い(-_-)
左手は想うに任せません.
肘が頭で想っているのとは反対の方向に行ってしまうのは何故?!
緊張すればするほど,肘の位置はめちゃくちゃに・・・

弓の速度は自分でも困っていて・・・
音を伸ばしている最後に,よく 「足りない! 足りない!」って焦るんだけど
当然先生にはそれが丸見えで,スゴイ笑われた(хх,)

ただ弾くだけよりも格段に難しくなって来た今日この頃.
負けず嫌いの虫がうずき始めてる(^-^;
注意された事が次のレッスンで多少なりとも改善されていなと,許せないのよね!
負けるもんか!(笑)

次の土曜はレッスンはお休み.
次回のレッスンは9月30日.
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.11

消音器を付けて練習

先生に注意された弓に圧がかかっていない事について,
凄く身に覚えがあった.

消音器をつけて弾くのが苦手で,このところずっと付けないで弾いていた.
でも,それだと流石に音が大きくて,大きな音で弾くのは気が引けて,何となく力を入れないで弾く様になっていた.
だって圧を掛けると,凄いデッカイ音になってしまうから・・・
たぶん,コレが原因だろうと思う.

今日から消音器が復活!
少々弾きにくかろうがなんだろうが,気にせずガシガシ弾くことにした.
ちょっとはまともに弾けるようになったら,1~2回は外して弾いてみた.
流石に音がデカイ!(>_<)
でも,撫でる感じで弾いているよりは,格段上手く聞こえる気がする.

それに,久しぶりに消音器をつけてガシガシ弾いたら,これが案外気持ちいい♪
これからは,家ではちゃんと付けて練習しよう.
外して弾きたい時は,朝か夕方にちょっと外して弾いてみよう.

夏以降,暑くて行くのが面倒で,音楽練習室に行ってなかったけど,そろそろ復活させるかな.
普段は消音器で我慢して,練習室に行ったときには,思いっきり鳴らす.
うん,そんな感じで練習-----できたらいいなぁ~(^-^;
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.09

レッスン(21):弓を集中的に

先生が復帰した.
ぎっくり腰と思って病院に行ったら,ヘルニアだったそうで,
まだ歩き方もぎこちなく,ヴァイオリンを弾くのはかなり厳しい様子.
でも働かないと喰えないし・・・という状態らしい.

【レッスンのまとめ】

  • セミレガート奏法
    出だしをもっと勢いよく弾く.

  • アクセント記号のついた音符の出だしは,もっと勢いよく弾く.

  • 指使いについて
    指の位置はだいたいは手が覚えた様に見える.
    下り音階でA線からE線に移ると時に音が狂いやすいので気を付ける.
    今まで通りハ長調の音階練習を続けること.

  • 弓使いについて
    全体的に撫でる様な弾き方で圧が足りない.
    特に弓の先を使う時,圧がなくて弓が流れている.
    弓をもっと大きく使う.
    移弦が下手.今後集中的に練習する.

先生曰く
「指も弓もだと,どっちもなかなか上達しない人が多いので,
 初めは指を重点的にやってたんだけど,もう指は大丈夫そうだから,
 これからは弓をビシビシ注意するから」
だそうで(^-^;

弓はボロボロなんでこれから大変だろうなぁ~(苦笑)

先週持ち越しになった3曲はOKが出た.
今回の課題だった 『凱旋の歌』 は,
アクセント記号のついた箇所の弾き方がイマイチだったので来週に持ち越し.

次のレッスンは来週の土曜日.
課題は,篠崎教本の125番~129番
セヴシックのNo.1~4とNo.12,No.11の譜読み.

右手の音階練習として,セヴシックのNo.12を始める事になり,
弓の移弦の練習として,セヴシックのNo.11の譜読みをしておくように云われる.

最近,練習がなかなかできないので量を減らして貰おうと思ってたのに
増えてしまった様な気が (‥ゞポリポリ
取りあえず今週どうなるか様子を見てから考えようかな。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.03

新日本フィルがいっぱい

新日本フィルを聴きに,すみだトリフォニーまで行った.
初めて行った「すみだトリフォニー」はなかなか素敵なホールだった♪
客層も普段よく行くコンサートとはちょっと違っていて,盛装の方が多かったかな...
コンサート馴れしてる人が多い感じ.
その分,演奏中は静かで,ゴソゴソしたり,静かな箇所で咳きをする人は殆どいなくて,
いつもより格段聴きやすくて良かった(^^)

続きを読む "新日本フィルがいっぱい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.02

レッスン(20):もっと弓の練習を

課題の3曲は全滅した(^-^;
どれもOKが出るレベルになってなかったので,当然の結果ですが...

突然曲が難しくなった気がする.
今までとはかなり違うような・・・
思えば,以前先生が
「この本は突然『えっ?!』ていうぐらい難しくなるから」
と仰ってたけど,この辺のことなんだろうか?
今週はまだ先生が復帰していないので確認できないけど.

今日のレベルは,『取り敢えず音は鳴ってます』って感じ.
弾く前に,先生に自己申告.
  テンポは適当です.
  強弱は付きません!(爆死)

【レッスンのまとめ】

  • 弓の練習をする.
    左手は弾かないで,右手の弓の練習だけをする.

  • 移弦の練習をする.
    移弦の時に他の弦に触れないように気を付ける.
    高い音から低い音の弦への移弦が苦手の様だから,重点的に練習する.

本当に今日はいいとこ無し.
練習でなんとかなっていても,レッスンだと失敗するのに,
練習でどうにもならない状態だと・・・・(爆死)
「セミレガート奏法はちゃんと出来てますね」
とのお言葉を頂けたのがせめてもの救いだったなぁ~
だんだん難しくなってきてるから,もっと練習時間を確保するか
さもなければ曲数を減らして頂くか,考えなくては (хх,)

次のレッスンは来週の土曜日.
課題は今日の3曲と次の曲『凱旋の歌』.
セブシックはNo.1~4の次の小節.

次回からいよいよ先生が復帰.
上達の無さに呆れられなければ良いのだが,ちょっと不安(O_O)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »