« 消音器を付けて練習 | トップページ | アンドレ・リュウ »

2006.09.16

レッスン(22):腕の角度に気を付けよう

【レッスンのまとめ】

  • 左手の肘の位置は弾く線によって変わるもの.
    今のレベルだと,位置を変えなくても弾けるけれど,今後必要になるので,今のうちに覚えるようにする.

  • 弓の使い方
    ゆっくり弾くのが苦手.特に付点二分音符(3拍分)の時,出だしが早すぎて音が短くなりがち.
    もっと最後にゆとりを残すように弾く.

注意された数は少ないけれど,内容は重い(-_-)
左手は想うに任せません.
肘が頭で想っているのとは反対の方向に行ってしまうのは何故?!
緊張すればするほど,肘の位置はめちゃくちゃに・・・

弓の速度は自分でも困っていて・・・
音を伸ばしている最後に,よく 「足りない! 足りない!」って焦るんだけど
当然先生にはそれが丸見えで,スゴイ笑われた(хх,)

ただ弾くだけよりも格段に難しくなって来た今日この頃.
負けず嫌いの虫がうずき始めてる(^-^;
注意された事が次のレッスンで多少なりとも改善されていなと,許せないのよね!
負けるもんか!(笑)

次の土曜はレッスンはお休み.
次回のレッスンは9月30日.
 

|

« 消音器を付けて練習 | トップページ | アンドレ・リュウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/11958919

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン(22):腕の角度に気を付けよう:

« 消音器を付けて練習 | トップページ | アンドレ・リュウ »