« レッスン(14):全弦混合練習 | トップページ | やっと更新できる( ´-`) »

2006.07.09

基礎練習の教材

左手の練習のため(?),Bosworthから出版されている
『SEVCIK(セヴシック)School of Violin Technics Op.1-1』 なる教本を使う事になった.
日本語にすると 『セヴシック:ヴァイオリン技巧教本 op.1-1』 らしい.
この教本は,ピアノでいえばハノンみたいな感じか。。。

洋書の上に,日本語訳がないので,前書きだの説明だのがあっても,
何が書いてあるやら,さっぱり判りません(‥ゞ
判るのは,英語とドイツ語とフランス語(たぶん),イタリア語(かなぁ?)の
4ヶ国語で書かれていること-----とは云え,
英語とドイツ語以外は,本当にそうなのか判らないので,
「判る」とも云えないなぁ(苦笑)

それにしても,せっかくの説明が読めないとは・・・・
英語すら全く判らないというのは,痛いなぁ~ なんて珍しく思った(^-^;

実際には,読めようが読めまいが関係なく,今週からこの中の曲も課題になる.
練習時間が少なくなって来てる中,やること増えるのはちょっと辛いのだけど,
今の教本だけで進めていると,突然難しくなって弾けなくなるらしいので,
今から基礎をたたき込むという事らしい.
まっ,基礎練習は大好きなので,それは有難いんだけど,
時間がなぁ~~~
基礎練が好きだから,今までの教本の練習が手抜きになりそうだ(爆)
 

|

« レッスン(14):全弦混合練習 | トップページ | やっと更新できる( ´-`) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/10916658

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎練習の教材:

« レッスン(14):全弦混合練習 | トップページ | やっと更新できる( ´-`) »