« A線の練習(14):力が入りすぎ | トップページ | A線の練習(15):動き出した指 »

2006.04.07

1ヶ月での体の変化

今宵は1ヶ月ぶりの鍼の日だった.

問診の時に,
「特に凝ってるとかおかしいというところは無い」 と答えたのだけど
これが実は大間違いだった.
おかしいところが無いんじゃなくて,
『おかしくなり過ぎていて,何も感じなくなっていた』 が正解!(爆)
鍼の後のマッサージ中に,猛烈にあちこちに凝りを感じ始めた.

先生曰く

  • 背中は右が凝ってる場所と左が凝ってる場所がある

  • 肩胛骨の辺りが左右のバランスが違ってきている
練習の前後によく体をほぐす様に言われる.
ついでに,どの辺をどうほぐせばいいかも習った.
兎に角,肩は良く回す様に言われる.
その時肩胛骨が動く様に回す事,との事だった.

今はまだヴァイオリンを弾く事に慣れてないので,体中に余分な力が入っているらしい.
それは自分でも判っていたけれど,
なんでも足までカチコチとか(爆)
よもやそこまでだったとは・・・(^-^;

よーくほぐして貰ったら,なんとなく体が軽くなった(喜)
そして思った.
「もしかして,今日はもうヴァイオリンを弾かない方がいいかしら?」
「弾いちゃ行けないって事はないけど,せっかくほぐしたのに,またすぐ凝っちゃうよ?」 と先生.
「出来れば今日はもう弾かないで,ゆっくりお風呂に入って,のんびりする方がお奨めかな」 とも.

そんな日もあっていいかな.
今日はちゃんと朝練沢山したし.
鍼の後は猛烈に眠くなるしなぁ~
---という事で今宵の練習はお休みにした.
やっぱり朝練は大切だ(^^;
 

|

« A線の練習(14):力が入りすぎ | トップページ | A線の練習(15):動き出した指 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/9493511

この記事へのトラックバック一覧です: 1ヶ月での体の変化:

« A線の練習(14):力が入りすぎ | トップページ | A線の練習(15):動き出した指 »