« A線の練習(15):動き出した指 | トップページ | A線の練習(17):全音でなら弾けた »

2006.04.09

A線の練習(16):繰り返す

NHK教育の再放送で 「スーパーピアノレッスン」 を見た.
それでピアノを弾いていた頃の事をいろいろと思い返していたら,出来ない時にどうやって練習したかを想い出した.
別に忘れていた訳じゃないんだけど,同じやり方をヴァイオリンでするって事に思い至っていなかった.
出来なかったら繰り返すしかないんだった.
しかも私,そういう練習好きだった様な・・・
ピアノはハノンが結構好きだった.
練習の始めに指ならしも兼ねて20~30分弾いてたものだ.
あと,ちょっと難しい部分を先にやってから,練習中のところに戻るとか,
そんな事もしてたなぁ~

----という事で,本日はひたすら
「ラ・シ・ド・レ・ミ・レ・ド・シ・ラ」 を繰り返してみた.

結果・・・・大して変化が無かった様な・・・・(爆死)

次の手段として,ちょっと先の曲を弾いてみる事にした.
もちろん4の指が動かないからボロボロなんだけど,それでも暫く頑張って弾いてみる.
それから 「ラ・シ・ド・レ・ミ・レ・ド・シ・ラ」 に戻ってみたら・・・・

不思議な事に,前よりちょっと上手く繋がってる!(喜)

まだちゃんとは出来ないトコでも繰り返しやってみるのは案外効果があったようだ.
最初に何度も 「ラ・シ・ド・レ・ミ・レ・ド・シ・ラ」 をやったので,指も動きやすくなっていたし.
この方法は今のとこ有効かもしれない.
出来ないのに同じ事ばかりやってると飽きちゃうしね。。。。

ちょっと上手くいったので,気をよくして引き続け
今日の練習は3時間.
近所のみなさまごめんなさい m(__)m
 

|

« A線の練習(15):動き出した指 | トップページ | A線の練習(17):全音でなら弾けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/9508428

この記事へのトラックバック一覧です: A線の練習(16):繰り返す:

« A線の練習(15):動き出した指 | トップページ | A線の練習(17):全音でなら弾けた »