« A線の練習(13):弾いて弾いて... | トップページ | 1ヶ月での体の変化 »

2006.04.06

A線の練習(14):力が入りすぎ

指がずれるのもなんのその 「馴れだ!」 と信じて,弾き続ける(^^;

ただ,元々かなり力が入っているのに,
4の指を使おうとすると,更に力が入る様で
肩,脇の近辺,二の腕,などなど・・・・痛い(>_<)
そのせいですぐ怠くなり,4の指を使い出す前より,休憩なしで弾いていられる時間が短くなった.

人差し指の痺れは,ちょっとずつだけどなくなって来ている.
それに合わせて,指先がだんだんと硬くなってきている様な・・・
これがもっと硬くなったら,痺れがなくなるのかな?(@_@)

朝練をしていて良かったと,今日,初めて思った.
ヴァイオリンを始めて以来,仕事は比較的暇で早く帰る事が出来ていた.
でも今日は思いっきり残業.
とてもじゃないけれど,夜の練習は出来ない(T^T)
朝練をやっていなかったら,今日は弾くことが出来なかったのだと思うと,
「朝の練習は大切だ!」 を再認識.
最近ちょっと起きるのが怠かったんだけど----4の指が上手くいかなくてダレていただけ(爆)
明日からまた頑張ろう(^o^)/

今宵は遅くなったので,弓はなしで運指の練習だけした.
でも,これが案外続かない.
音がないと,ずれてるかどうか判らないし,それより何より,つまらないのだ(^-^;
音が欲しくて指で弦をはじいていたら,指先が痛くなってきた(泣)
このまま指ではじいていると,右手の指先も痺れそうだ.
何か音をを出すうまい方法はないものか・・・
 

|

« A線の練習(13):弾いて弾いて... | トップページ | 1ヶ月での体の変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/9461356

この記事へのトラックバック一覧です: A線の練習(14):力が入りすぎ:

« A線の練習(13):弾いて弾いて... | トップページ | 1ヶ月での体の変化 »