« 前橋汀子ヴァイオリン・リサイタル | トップページ | D線の練習(1):D線始まりました »

2006.04.15

レッスン(5):弓に注意する

前回の同様,まずは指慣らしという事で,全音で
ラ~シ~ド~レ~ミ~,ミ~レ~ド~シ~ラ~♪
今日はちゃんと 「ミ」 も出た!(喜)
ちょっとおどおど(?)しつつも,何とか 「ラ」 まで戻る事にも成功(^o^)v

続いて課題の曲を順に弾いていく.
練習の甲斐あってか,なんとか弾くことが出来た.
時間切れで,最後の一曲は出来なかったけど,弾いた所は取りあえずOKが出た♪(喜)

レッスンのまとめ.

  • A線は指の形が出来てきている.音がズレた時も自然に指を戻しているので,今のまま続ければ良い.

  • 4の指は届かないどころか,「ファ」までも届いているので,あまり指の事は気にしないで弾いても大丈夫.
    次は指より弓の事を気にしながら弾く.

  • 四分音符の時,弓をもっと大きく動かす.

  • 音符の切れ目で音が途切れないように弾く.

  • 弓の先端の方を使うときに弓が浮かない様に気を付ける.

  • 弓の先端の方を使うときに弓が傾かないように,弦に弓全体が当たるように気を付ける.

  • 肘が上がりすぎて弓がD線に触るので,もっと腕の力を抜いて肘が上がらない様に,ついでにリラックスして弾く.

  • D線の練習を始める.基本はA線と同じ.

  • 普段ミュートを付けて練習しているので,ミュートをとった時に弓が手前(自分の方)に滑る.たまにミュートを付けないで弾くようにする.

課題が多すぎて・・・・頭がついていかない(爆)
複数の事を一度に考えながら弾く事が出来ない(>_<)
譜面見ながら指の事を気にしながら弾くことは出来ても,弓の事まで気にすると,
曲は間違うし,指も間違って違う音鳴ってるし,
ついでに弓も滑って外れるし-----大騒ぎ(爆死)
 

ひとつ問題に気づいた.

右腕の動きが悪い(-_-)
これは,たぶん過去に右の鎖骨をボロボロに折ってるせい.
折って以来右腕は動きが悪かったけど,日常生活には支障はない.
大抵の事は左腕で事足りてしまうという事もあって,
普段から動きが悪い右は使わないで左ばかり使っていた弊害かな?(^-^;
弓が引き切れません(泣)
今までは弓を使うことに慣れていないから,上手く動かないのだと思ってたんだけど,なんか違ったみたい.
気づくの遅すぎなんだけど,
実はそんなトコまで右腕は動かない(伸びない)んだなぁ~
そもそも手術前に 「動かなくなるかもしれない」 と云われた腕だったんだから
ここまで普通に動いていれば,何も問題ないと思ってたんだけど・・・
はっはっは・・・はあぁぁぁぁぁ,こんな所に思わぬ落とし穴が(×_×;)

「年をとると動かさなくなるから動かなくなる」 って医者に云われていたので
ヴァイオリンを弾くのは丁度良いリハビリになのそうだ(T^T)

まっ,全然動かなかった左の指がこんなに動くようになったんだから,
続けていれば右腕だって何とかなるでしょ♪( ´-`)
 

|

« 前橋汀子ヴァイオリン・リサイタル | トップページ | D線の練習(1):D線始まりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/9606915

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン(5):弓に注意する:

« 前橋汀子ヴァイオリン・リサイタル | トップページ | D線の練習(1):D線始まりました »