« A線の練習(5) | トップページ | A線の練習(7) »

2006.03.27

A線の練習(6)

朝練,今週もちゃんと開始できた♪

朝は時間が短いので,開放弦は軽く鳴らして,
その後は重音,その後は「ド」から始めることにした.
これでだいぶ時間が短縮できて,「シ・ド・レ」を重点的に練習できた.

ふと気づいたこと.
「音が違う~」 とか 「指がずれたぁ~」 と思い,
指をチェックする事が多かったんだけど,それより弾いた方が良くないか?
まだ思った通りに指は動かない.
だからずれたとか,音が違うとか,
そんな事より,多少違っても指がその辺に行くようになる方がいいのでは??

実際どっちがいいのかはやってみないと判らないけど
なんだか考えてたり,指の形いじってみたり・・・違う気がしてきた.
指が動くようになってからの方が,ズレているのが直しやすい気がする.
「とにかく弾こう!」と思う.
 

|

« A線の練習(5) | トップページ | A線の練習(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/9282571

この記事へのトラックバック一覧です: A線の練習(6):

« A線の練習(5) | トップページ | A線の練習(7) »