« 「愛のあいさつ」 が弾きたくて | トップページ | ヴァイオリン教室を覗く »

2006.02.18

アーレントオルガン
ランチタイムコンサート 20

オルガン浅井寛子
ソプラノ松堂久美恵
*** プログラム ***
P.ヒンデミット :
オルガンのためのソナタ 第2番
A.ハイラー :
コラール変奏曲 「大いに喜べ、おお我が魂よ」
A.ハイラー :
《2つの宗教的歌曲》より 「主において常に喜びなさい」

日本大学カザルスホールのランチタイムコンサートに出かけた.

 
パイプオルガンを生で聞いた事がなかったので,とても楽しみだった♪

実際,面白いというか,不思議な楽器だった.
出来ることなら,近くで見てみたいなぁ~

41個もあるストップによる様々な音色は聴き応えがある.
途中ストップの操作が間違っていて,違う音色が出たりしたんだけど
ランチタイムコンサートとしては,ちょっとご愛敬という感じで,
それもまた良かった(^^;

ランチタイムコンサートの入場料は 『100円以上』 で,聞く側が好きなだけ支払えばいい形式.
教会の寄付みたいな感じ.
強いて言えば,入るときじゃなくて,出るときに払わせて欲しいなぁ~とは想う.
だって,聞く前に決めるのって,なんとなく難しいんだもん。。。。

来月は私の好きなブラームスとバッハが演奏予定になっている♪
来月も行きたいなぁ~(^^)
 

|

« 「愛のあいさつ」 が弾きたくて | トップページ | ヴァイオリン教室を覗く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55756/11705406

この記事へのトラックバック一覧です: アーレントオルガン
ランチタイムコンサート 20
:

« 「愛のあいさつ」 が弾きたくて | トップページ | ヴァイオリン教室を覗く »